謎の姫路地名伝承
播磨国は、現在の兵庫県南西部を指し、風土記はここに十二の郡を記録している。
大きく分けて四つの流域があるが、本編は風土記の紹介ではなく、古代日本の謎を追っていく事を主題としている。
ここでの主題は、河口の地名伝承のある市川流域・姫路である。
播磨風土記の市川流域には、姫路から北へ六つの里が記録されている。
姫路城のある姫路が瀬戸内海からの入り口だが、この当時から姫路は飾磨郡に含まれていた。

●風土記地名に隠された不思議
市川流域、瀬戸内海の入り口が現在の姫路平野ー。
『播磨国風土記』飾磨郡伊和里の条に、十四の丘の地名伝承がある。
伝承はこうだー。

大汝命(おおなむちのみこと)の子、火明命(ほあかりのみこと)は、強情で行動も激しかった。父神はそれを苦にして子を棄てて逃げようとした。
そこで、船を因達神山(いだてのかみやま)に着けてその子を水汲みにやり、その間に船出してしまった。水汲みから帰ってきた火明命は、船が出て行くのを見て怒り風波を起こし、船を難破させてしまう。
難破した船から、琴や箱・梳匣(くしげ)などの積み荷が落ちた所が、十四の丘になったという説話である。

ここからは様々な謎が浮かんでくる。
その1 姫路地名は道程地名か?
その2 姫路地名にアイヌが関係している?
その3 日本の古代に連番地名が存在した?
その4 そして、この伝承は、記紀の国生み神話とぴったりと相似形になっている

比定地
この伝承に現われる古代の地名が現代のどこのことになるのかー。
いままでに多くの方によって、比定されている。
それをまとめると、下記のようになる。

因達神山(いだてのかみやま) 姫路市辻井の八丈岩山 水を汲みに行ったところ
波丘 名古山(四十二・三M)
大波が起こったところ
船丘 景福寺山(五十一M)
船が沈んだところ
琴神丘(ことかみおか) 薬師山(四十五M) 琴が落ちたところ
筥丘・箱丘(はこおか) 男山(五十九M) 筥が落ちたところ
匣丘(くしげおか) 鬢櫛山(びんぐしやま/一八六M)、
または、下手野の船越山(六十一M)
梳匣(くしげ)が落ちたところ
箕形丘(みかたおか) 新在家の秩父山(二〇M) (み)が落ちたところ
甕丘(みかおか) 今宿の神子岡山(三十八M) (瓶 かめ)が落ちたところ
稲牟礼丘(いなむれおか) 青山の稲岡山(六十八・三M) 稲が落ちたところ
日女道丘(ひめじおか) 姫路城のある姫山 蚕が落ちたところ
冑丘(かぶとおか) 西延末の冑山(三十六M) 冑が落ちたところ
藤丘 今の二階町あたり 綱が落ちたところ
犬丘 比定地不詳 犬が落ちたところ
鹿丘 比定地不詳 鹿が落ちたところ
沈石丘 比定地不詳 石が落ちたところ
この中の青文字は、比定地不詳とされている。
さらにー、
赤文字の比定地が間違っているのである。
それを一覧にしたものが下記だ。
因達神山(いだてのかみやま) 姫路市辻井の八丈岩山 水を汲みに行ったところ
波丘 名古山(四十二・三M)
大波が起こったところ
船丘 景福寺山(五十一M)
船が沈んだところ
琴神丘(ことかみおか) 薬師山(四十五M) 琴が落ちたところ
筥丘・箱丘(はこおか) 男山(五十九M) 筥が落ちたところ
匣丘(くしげおか) 鬢櫛山(びんぐしやま) 梳匣(くしげ)が落ちたところ
箕形丘(みかたおか) 四郷町の南山・見野 (み)が落ちたところ
甕丘(みかおか) 今宿の神子岡山(三十八M) (瓶 かめ)が落ちたところ
稲牟礼丘(いなむれおか) 青山の稲岡山(六十八・三M) 稲が落ちたところ
日女道丘(ひめじおか) 姫路城のある姫山 蚕が落ちたところ
冑丘(かぶとおか) 高木の高木山 冑が落ちたところ
藤丘 今宿の蛤(はまぐり)山(藤ヶ台) 綱が落ちたところ
犬丘 香寺町の犬飼の伊勢山 犬が落ちたところ
鹿丘 妻鹿の甲山(妻鹿山) 鹿が落ちたところ
沈石丘 書写の田井(書写山) 石が落ちたところ
この根拠は・・、
最初の水を汲みに行った因達神山(八丈岩山)にある方位石である。
八丈岩山の方位石は、伝承の丘
を指し示しているのである。
この比定地を、五万分の一の地図に落としてみると一目瞭然なのだ。
ここから現われるのは、八つの大きな丘(山)と六つの小さな丘(山)であり、それは記紀の国生み神話とぴったりと相似形になっている。

さらにー、
この配置からは驚くべきものが現われる。
それは、これらが全て
道程地名であることを示唆し、
伝承に記されない重要地名を指し示すヒントになっていた。

その重要地名が、日本の歴史が隠し通した伝説の日本ピラミッドへの道程だったー。

この続きは下記からご覧になれます。メールでどうぞ。

姫路伝承が指す14の丘の謎を解く・姫の国への道標・抜粋版
特別無料E-BOOK
new
無料でご覧いただけます。

new
PAGE-TOP